FC2ブログ

平成25年3月30日(土)に書く

「最近、部屋の整理をしました」 C4DC-9090

自室の床の空き空間が、布団を一組ギリギリ敷ける程度という
猫の額っぷりに嫌気がさして部屋の整理に着手しました。

狭さの主原因は本や雑誌をしまったダンボール。十箱位。
それらを手持ちの収納ケースやカラーボックスに入れ直したり、
配置を見直した押し入れに押し込んだり、
近所のスーパーなどからもらってきたより大きなダンボールに整理したり、
これまで使用していなかった宙空も利用できる家具を購入したりと、
そんな改革で空き空間を以前の倍まで広げることに成功しました。
スペースに余裕をもって布団が敷ける、
伸び伸び眠れるというのは本当にウルトラハッピーです。



これは件の購入した家具です。
妥協はあったものの、利用できそうではあった一万円位の別の家具の購入を
半ば以上決断していた頃に見つけました。
小躍りしましたね。半値ですから。妥協なしで。
後述の電動ドライバーは既に持っていましたし。
後で触れる転倒防止金具は私の環境では利用できないので別のを買ったり、
利便性向上のためにキャスターを買うつもりでいますが、
それらを揃えても千円位で済みますし。
そんなこんなで今日届き、組み立て、使い始めたばかりですが満足しています。

書かせてもらった作品が何度か掲載されました
雑誌の二次元ドリームマガジンや、
同出版社の小説商品をしまうのに利用しています。
丸ごと夜の冷蔵庫扱いです。

その雑誌ですと、縦置きでおよそ六十四冊入ります。
キツキツに入れていず、四つのボックスのそれぞれに
一二冊分の隙間を置いてそんな具合です。

ボックスには自由可変棚をつけられますが、
雑誌を縦置きで二冊入れることはできません。
雑誌プラス文庫も私はできませんでした。
ただ、雑誌を縦に、自由可変棚を挟んで文庫などを横に(平積み)というのは可能です。
尚、文庫だけだったり、新書版のノベルだけというのであれば、
縦置きで二冊入れることは可能です。奥行きに余裕がありますので、
手前と奥という具合で二列にすることもできます。

次に、リンク先の商品ページからはわからないことの付記を。
まず、扉はマグネット式です。
押すと跳ね返されて扉が少し飛び出るという方式です。
DVDデッキやBDデッキ用のガラス戸の戸棚でよく見られる具合ですね。

それから、転倒防止金具がついていました。
縦長で平べったい金属片です。
端を本体の背面に取り付け、本体から飛び出た反対側の端を
背後の壁にネジで固定するという具合です。

最後になりましたが、並べてリンクを貼った電動ドライバーを使用して、
組み立てに約二時間かかりました。やり直しに費やした時間を含んでいます。
電動ドライバーがなかったら倍以上の時間と労力が必要だったと確信しています。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)